弟がかわいくて誘惑して襲ってしまった 中編

それで帰る日の前の晩のことですけど・・・

その日弟は朝から変でした。私がその日に帰るって朝御飯
の時おじいちゃんに言ったのね、.そしたら弟は急に落ち
着きがなくなっちゃったの。私の部屋の前をうろうろした
り私が視線を感じて弟の方見ると慌てて下向いたり・・・・
なんだか私は弟と恋愛のゲームしてるような感じになりました。
弟が本当はすごく私のこと気にしてるんだなって解って
嬉しかったです。晩御飯はおじいちゃんがお風呂に入っている
間に2人で食べました。弟は私の方をじーっと見てるけど
私はまるで気にしていないみたいな感じで目をあわさなかったの。
本当はもうすごく抱きしめてチュウしたかったけど
そんなことしたらまた弟は私の方を見てもくれなくなるって
思ったから、ずっと我慢してました。

私は晩御飯食べる前に
ある仕掛けしておいたんですよ。それはノーブラです。上は
薄手のノースリーブシャツで弟を少し挑発しようと思いました。
弟はやっぱり私がノーブラって気がついたみたいで胸を
ずっと見てるのが解りました。それでも私知らんふりして
御飯を食べてました。私がいきなり弟の方をさっと見たら
弟はビックリしたみたいで箸ではさんでいたオカズを
おっことしちゃったの。私それ見て可愛くて笑っちゃった。
弟も顔を真っ赤にしながら恥ずかしそうに笑っていました。
顔に御飯粒がついていたから取ってあげて少しだけ話しました。
「晩御飯が終わったらお風呂に一緒に入ろうか?」って
言ってみたけど、弟はちょっと嫌そうだったからやめました。

そうだよね、嫌だよねって思いながらもうあんな事はないの
かなぁって思ったら悲しくなっちゃったけど、しょうがない
と思いました。それで御飯が終わってお風呂に入って自分の
部屋で帰りの支度してたんです。もう夜10時くらいだった。

弟が私の部屋の前にいるのがわかっちゃった。
だってさっきから床のギシギシいう音が何回もしていたから。
弟がそこにいるのは解ってたけど、なんて声かけようかって
ずっと悩んでたんです。でももう部屋に帰っちゃうかもしれ
ないから、もうなるようになれと思ってパッと扉を開けました。
弟はビックリしてそこから逃げようとしてたから、私は弟の
腕を掴んで抱き寄せました。弟は少しもがいてたけど私が離さ
ないでいたら、弟も腕を私の体に回して抱きついてきました。

私すごく幸せな気分になりました。涙が出て弟が不思議そうな
目で私の顔を見ました。弟の頭をぎゅって私の胸に押し当てて、
その頭を撫でてあげました。私は「お姉ちゃんの部屋に行く?」
と弟に言うと弟は私の胸に顔を当てながらウンってうなずいて
くれました。私は弟の肩を抱いて自分の部屋に入りました。
布団を引いて弟をそこに座らせて私は服を脱ぎました。弟は
私が脱ぐのを少しモジモジしながらじーっと見ていました。
明かりを消そうと思ったけど何だかもうそんなのどうでも
良くなっちゃって、弟に見られているのが嬉しくて嬉しくて
もう興奮してる私がいました。

弟は何故かわかんないけど
ずっと正座して私のこと見てるんですよ、目が何だか
クリクリッて感じでもう可愛くて、本当に可愛くて
ゆっくり近づいていくと弟は私のちょうど腰の当たり
に目が行っちゃうから顔を伏せていくの・・・・可愛いよね。
私は弟のホッペに手を当てて顔を上にあげさせました
「ね、お姉ちゃんのまだちゃんと見てないでしょ?みたい?」
って聞きました。弟は黙ったままウンッてうなずきました。

私はそばにあったイスを弟の前に持ってきてそこに座り
ました。弟にもっと近くに寄るように言って私の膝の上に息が
かかるくらい近くに座らせました。少しずつ足を開いていくと
弟が「はぁはぁ」って言ってるのが解りました、両手が
握りこぶしになってて、しきりに腿のところをコブシで押してる
から、きっとオチンチンが立っちゃってたんだと思う。
私が足を大きく開いたら弟はビックリしたみたいな顔を
していました、ちょっとグロテスクに見えたんじゃないのかな。
だって自分で最初に鏡で見た時もちょっとグロいって
思ったことがあるんだもん。10歳の弟にしたらきっとショック
だったと思います。

私はでももっと見えるようにしようと思って
腰を少し前にずらして、両手で開いてみせてあげました。
弟は本当にショックだったみたいで口をポカーンとあけて
いました。でも目は何だかじっと私の大事なところを見てます。
「触ってみる?」って言ってみたけど弟は黙ったままです
「手をかしてごらん」って言ったら右手を出しました。私は
その右手をユックリと近づけていってクリトリスのところに
当てました。「ここがクリトリスって言うのお姉ちゃんここが
すごく気持ちよくなるよ」って言って少し動かしました。弟はただ
ボーゼンっていう感じで反応が無かったから危ないかなって
思ったけど、私が手を放したら弟の指がクリトリスをユックリ
撫でてるのが解ったの、だから続けました。今度は手を
その下に持っていってオシッコの穴とそれから一番大事な
オチンチンの入る穴を教えてあげました。弟はその間ずっと
ものすごく真剣な目でウンウンってうなずいていました。

私オチンチンの入る穴を教えている時にそこからエッチの水が
ぬるぬるって感じで出てくるのが解りました、だから弟に
「ほら何かぬるぬるしてるでしょ?お姉ちゃん気持ちいいの」
って言いながら弟の指を穴の中に少し入れて動かしました。
弟はその指の動きをじっと見てたけどいきなりぱっと手を引っ込め
ちゃいました。私はそれ以上しないことにして今度は弟の
オチンチンを触ってあげようと思いました。恥ずかしそうに体を
モジモジさせてる弟のパジャマを脱がしていきました。弟は
別に嫌がるって感じじゃなくて素直にパジャマを脱がさせて
くれました。後はパンツだけだけど弟が手でオチンチンの
ところを押さえているから脱がせないの。「だいじょうぶ
だいじょうぶだから」って言って落ち着かせてやっと全部
脱がせました。

弟は恥ずかしいんでしょうね、ずっと手でオチンチンを隠した
ままです。私その姿がすごい可愛かったから弟の口に
いきなりチュウしちゃいました。弟もお風呂の時で慣れちゃった
のか、いきなり口を開いてくれました。私美味しい弟の口を舌
で大胆に、もうベロベロって感じで舐めたり吸ったりしました。
「ね、舌を出してみて」って私が言うと弟がおっかなびっくり舌を
出してくれたから、ちょろちょろって舐めたら弟はビクビクッて
体をさせて手がオチンチンから離れました。私は弟の両手を
片方の手でおさえちゃって、もう片方の手でオチンチンを触り
ました。弟は「あっ!」って言ってチュウしてる私の口から
離れました。私は弟がまた手で隠せないようにオチンチンを
手で上から覆ってあげました。

いつのまにか私は弟の上に
重なって、弟と脚を絡めて大事なところを弟の太腿とか
に擦り付けてました。私は弟の顔とかにチュウしながら弟の
オチンチンを揉んであげました。弟は体をビクビクって
させながら「はぁはぁ」って息を吐いてました、私も負け
ないくらい「はぁはぁ」ってしてました。弟がイキナリ私の
胸に吸い付いてきました。乳首をきゅーって吸ってきたんです。
私は嬉しいのとびっくりしたのとで「ひゃっ」って言いました、
弟はそれでもやめなくてチュウチュウって吸ってきます、少し
痛かったけどやめてほしくないから黙ってました。弟は両手で
私の胸を揉み始めました。それで口でチュウチュウって吸う
もんだから私気持ち良くなってきてオチンチンを離しちゃったの
弟が私の上に乗りかかってきました。私そのまま身を任して
弟のするがままにしてみました。

弟のオチンチンが私の太もも
の間にありました、弟は自分でも分からないんでしょうけど
腰をカクカクって自然に動かしてました、私まるで本当に
セックスしてるような気がしてきちゃって頭の中がぼーっと
してきました。「あ、お姉ちゃん、お姉ちゃん!」って弟が
叫んで私はハッて気がつきました、弟が射精しちゃったんです。
私の太ももがヌルヌルの精液でたくさん濡れてるのが解りました。
「お姉ちゃんどうしようどうしよう赤ちゃんできちゃう」
って弟はパニック状態でした。ブルブル震える指で私の
胸をぎゅって痛いほど掴んでいたから私は落ち着かせる
ために力の入ったその手をゆっくりと外して「だいじょうぶ
オチンチンを中に入れて白いの出さなければ赤ちゃんは
できないよ」って言って弟を落ち着かせました。

弟はまだ納得しないみたいで私の太ももに付いた自分の精液を
ティッシュで拭いたりしてました、私は弟のしたいようにさ
せておいたの。だって弟がこうゆうのに罪悪感を持たない子
だったら私きっと弟を好きにならなかったと思うから、
だから弟のそうゆう行動が可愛くてそのままにしていました。

弟が自分のオチンチンを拭こうとしてたから、私は
「待って」って言って弟をそこに寝かせて
「嫌なら嫌っていってね」って言いながら弟のオチンチンを
パクリって咥えちゃいました、弟の息がすごく速くなりました。
じゅるじゅるって感じで音を立てながら弟のオチンチンを
キレイにしてたら弟は「あ~」って言いながらまた射精しちゃ
いました。私はそのドクドクって出てきた精液を全部のんで
あげました。すごい臭いだったけど弟の精液だから気になり
ませんでした・・・しばらく弟はハァハァ息をさせてたけど
疲れちゃったらしくてその後すぐに寝ちゃいました。
私は弟の寝顔を見ながらスゴク幸せなきもちでいっぱいでした。
弟の横に寝そべってずっとその寝顔見てました。

次の日の朝はおじいちゃんが起こしにきたの、弟と私は
裸だったから私は必死でドア押えながらおじいちゃんに
「今着替え中だから」って言って中に入れないようにしました。
あぶなかったです、もし裸の2人見られたら最悪だよね。
私は弟をチュウで起こしました。弟はイキナリだったから
「ん~ん~」って苦しそうに脚をバタバタさせて起きました。

弟は私のことを駅まで送ってくれたの。私は弟の手を
引きながらゆっくり駅に向かって歩きました、20分くらい
だったけど2人とも何も話さなくて、私はそれでも満足でした。
駅で電車を待ってる間、弟の髪の毛をなおしたり、汗を拭いて
あげたりしてまた無言で2人で過ごしました。弟は何か照れて
るみたいで、私が世話を焼くたびに手をよけたりするけど
前みたいに強い力でよけたりしなくなったから嬉しかった。

電車が来る5分前にやっと言葉が出ました。
「お姉ちゃんじゃあ帰るね」「うん」
「海は気をつけてよ危ないから」「うん」
「おじいちゃんの言うこと聞いてね」「うん」
「ちゃんと帰ってきてね」「うん」
何だか素直に返事してくれる弟が可愛くなって胸が
キュンってなりました。だから思い切り抱きしめて
あげました。弟はしばらく私に黙って抱かれてたけど
急に私から離れるとそのまま走っておじいちゃんの
家に帰って行きました。きっと照れてたんだよね。

もし弟が帰ってきたら・・・・どうなっちゃうだろう・・・
きっと最後までしちゃうかもしれない。
たぶんそうなるかもしれないけど・・・・・
何だか不安と期待が入り交じってとっても複雑な気持ちです。
弟が帰って来るのは8月20日です、なんだか待ちきれない。

本当に長くてごめんなさいでした。
今日弟と電話で話したけど、やっぱり照れ屋さんなのね
「ウンウン」ってしか話してくれなくて困りました。
家に帰ってきたらお母さんがいるからエッチなことは
あんまり出来ないかもしれないけど、弟が望んだら
きっとしちゃうと思います。それじゃおやすみなさい。

?
こんばんわ。昨日のことを書きます。
ごめんなさい、またすごい長いです。

弟は昨日の夕方4時ごろに帰って来ました。私は駅に迎えに
行こうと思ったんだけどお母さんが「過保護過ぎる」って言って
行かせてくれなかったんですよ。たしかにもう小学5年生だから
一人で駅から家まで帰ってこれるよね、でもそうゆうんじゃなくて
私はただ弟に早く会いたかっただけなんだもん。お母さんの馬鹿

家でそわそわしながら帰りを待ってたんだけど、お母さんは
なんか私が妙におかしな感じだからちょっと怖い目で見られてまし
た。もしかしたらお母さんに感づかれちゃったかな、やばいよね。

玄関のドアを開けて弟が帰って来ました、私は自分の部屋のベッドで
少しウトウトしてて弟が玄関で「ただいま」と言う声で目が
さめました。(あっ!帰って来た!)って思ってベッドから立って
ドアを開けようと思ったんだけど、なんだか急に怖くなったって
ゆうか・・・・・・・なんだか解らないけど私の部屋のドアを開ける
ことが出来なくなりました。私はベッドに戻ってキッチンで話して
る弟とお母さんの会話を耳を澄ませて聞いていました。
(もしかして喋らないよね)とか色々考えてなんだか色々な感情
や考えが頭の中をグルグル回っててパニックでした。

「お姉ちゃんは?」

弟がお母さんに私の事を聞いてるのが聞こえました。

「さっきまであなたの事を待ってたけど、部屋にいると思うよ」

お母さんがそう返事して、その後弟が私の部屋のほうに歩いて
くる足音が聞こえました、馬鹿みたいだけど私はベッドに横に
なって寝ているふりをしました。なんだか弟の顔見るのがすごく
怖かった。トンントンってノックする音がして

「お姉ちゃんただいま」

って言うのが聞こえたけど、私は寝ているフリをして返事を
しませんでした、弟はしばらくしてからキッチンに戻って

「寝てるみたい」

ってお母さんに言うのが聞こえました。

私はそのまま目を閉じて
(馬鹿みたい、なにやってるんだ私)とか思いながら本当に
寝ちゃってて、起きたのはお母さんが起こしに来てくれた時です。

「あんたいつまで寝てるの、御飯食べなさい」

ってお母さんが起こしてくれて私は寝ぼけながら部屋を出て
ダイニングですでに御飯食べてる弟とバッチリ目が合っちゃい
ました。弟は日に焼けててモノスゴイさらに可愛くなってました。

弟も私もなんだかギクシャクした感じで
「あっ・・・帰ってたの?」
「うん・・・ただいま」
って話をしただけであとは黙ったまま3人で晩御飯を食べました。
私はもう弟の日焼けして小麦色になった腕とか首元とか見ながら
御飯の味なんかゼンゼンわかんなくなるほどドキドキしてたけど
お母さんに気付かれないように必死で平然とした顔をしていまた。

御飯を食べ終わって、居間に行ってテレビを見るのが家の慣習です。
3人でテレビ見ていたけど、弟は疲れていたらしくてソファの上で
首をカックンカックンてさせて眠ってました。お母さんは
クスクス笑いながら弟のカワイイ寝顔見てたけど

「眠いなら部屋に行きなさい」

って弟に部屋に行くように言いました。だけど弟は何かそこから
立ちたくないらしくてテレビを目をごしごしこすりながら見て
いました。

弟はきっと私と話したいんだと思ったらすごく可愛くなって
私も話したかったけど、お母さんがいるから話せなくて
困りました。お母さんは9時半ごろになるとお風呂に入りに
行きました。「やった!チャンス!」とか思ったけど弟も私も
なんだか話しづらくなっちゃって黙ったままテレビを見て
お母さんがもう出てくるんじゃないかっていう時間まで
黙ってました。弟はとうとう眠いのに逆らえなくなっちゃった
みたいで部屋を出ていこうとしました、私は弟が部屋を
出て行っちゃうって思ったら急に胸が苦しくなって弟の
左手をグッてつかんじゃいました。弟は体を硬くして黙って
いました。ちょっと顔が赤くなってて、その横顔を見たら
可愛くなって手を引っ張って私の横に座らせました。

弟の肩に手を回してぎゅーって抱きつきました。ブラをつけてたけど
胸を弟の肩にぐいぐいって押し付けてあげました。弟は恥ずかし
そうにニコニコしてるだけで何も言いません。弟の体はなんだか
ミルクの匂いがする。いい匂い。子供はみんなこうゆう匂い

するのかなぁって思いながら弟のほっぺにチュウしました。

口にもチュウしたかったけど弟が嫌がったからやめました。
お母さんいるから嫌だったのかもしれない。しかたないから
ほっぺとかオデコとかにチュウしまくりました。ちょっと
だけ舌でほっぺを舐めてみたりしました。なんか甘い味がした。
弟は急に立ちあがって部屋を出ていこうとしました。
(怖くなっちゃったのかな?)って思ったけど弟を離したく
なくて弟の手を掴んで出ていけないようにしました。

弟は別に手を振り払うわけでもなくて息をはぁはぁさせて
立っていました。もしかしたらオチンチンが立っちゃったのかも
しれないと思ったけど、後ろ向いてたから見えなかった。

「ね、夏休みの宿題見てあげる、部屋に行ってもいい?」

って聞いたけど、弟は黙っています。だから違う言い方しました。

「明日のお昼にする?お母さんいないし・・・・」

弟はピクッて体をさせて私のほうを見ようとしたけど
やめたみたい。きっと私の顔見るの怖かったのかも・・・。

「・・・いいけど・・・どっちでも・・」

弟はちょっと震える声で言いました、私は弟が私と同じ気持ち
なのが解りました、エッチなことを期待してるけど怖いっていう
気持ち・・・・それがすごく良く解りました。

「明日のお昼にしようよ、誰もいないときに・・・ね?」

私も震える声で弟にそう言いました。弟は小さい声で「うん」
って返事してくれました。私またチュウがしたくなって弟の後ろ
から抱きつこうと思ったけどお母さんがバスルームから出てくる
音がして、弟はビックリしたみたいにすごい勢いで自分の部屋に
入っていきました。私もテレビを消して自分の部屋に入りました。

夜はなかなか眠れなかったです、本当に久しぶりに一人エッチ
をしちゃいました。なんだか私はニンフォマニアなのかも
しれない・・・・どうしよう。

ごめんなさい、今日のことも書きたいけど
ものすごい眠いです、明日また書きますね。
おやすみなさい。

���������

Comments are closed.